SSブログ

信州原村、高原の小さなホールで父と子のチェロ演奏を聴いた翌朝は、「金環日食」に大興奮 [原村の小さなホール]

DSC01035のコピー.JPG

コピーDSC01120.JPG

コピーDSC01123.JPG

今年も信州・原村リングリンク・ホールの初夏恒例イベント「藤村俊介チェロ演奏会」に裏方として参加してきました。

N響の次席チェリストで、4人のチェリストによる「ラ・クァルティーナ」の一員としても活躍される藤村さんは、私が原村に通うようになってから6年目となる今回も奥様のピアノ伴奏でハートフルな素晴らしい演奏会を開いてくださいました。


バラ色の光り輝く雲が、ゆっくりと流れ

バラ色の光り輝く雲が、ゆっくりと流れ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マイスター・ミュージック
  • 発売日: 2006/04/24
  • メディア: CD

リベルタンゴ〜4本のチェロのための作品集6〜

リベルタンゴ〜4本のチェロのための作品集6〜

  • アーティスト: ラ・クァルティーナ,ラ・クァルティーナ,ピアソラ
  • 出版社/メーカー: マイスター・ミュージック
  • 発売日: 2006/10/24
  • メディア: CD

リハーサルから本番まで、特等席で藤村さんの柔らかなチェロの音色に包まれる至福のひとときを過ごすことができた私ですが、昨年7月、人前でチェロを初演奏した藤村家の長男俊くんが、今年はどんな演奏ぶりを見せてくれるかというのが個人的関心事でした。

2011年DSC08301.JPG

昨年は、チェロを習い始めて3カ月という俊くんを題材にした公開講座という趣でしたが、リングリンクのお客様のあたたかい拍手で俄然チェロの練習に対するモチベーションがあがったとの情報もあり、期待も高まります。

小さなホールには40人以上のお客様が来場。

DSC01048のコピー.JPG

このホールでの演奏会が8回目くらいという藤村さんは、「今回は“高原らしさを感じられる曲”を演奏したいと選曲しました」とのコメント。


♪♪ヴィヴァルディ ソナタ第一番♪♪

ヴィヴァルディ唯一のチェロソナタ集は、初心者が発表会でよく弾く曲のようです。


♪♪バッハ 無伴奏チェロ組曲第三番(ブーレ)♪♪

チェリストのバイブルのような無伴奏組曲ですが、単純な練習曲として長らく忘れられていたのをパブロ・カザルスが再発掘したといわれています。
他の楽曲用に編曲されて演奏されることも多いそうですが、子どもの頃鈴木メソッドでヴァイオリンを習っていた私も自分で弾いたような記憶があります。


バッハの無伴奏チェロ組曲は、藤村俊介さんのソロ
CDにも収録されています

カサド:無伴奏チェロ組曲

カサド:無伴奏チェロ組曲

  • アーティスト: 藤村俊介,藤村俊介,カサド J.S.バッハ
  • 出版社/メーカー: マイスター・ミュージック
  • 発売日: 2007/04/24
  • メディア: CD


♪♪ウェーバー アダージョとロンド♪♪

チェロとピアノのためのこの曲は、帰宅後に調べたら、岩崎叔さんのチェロ演奏が携帯の着メロサイトにあったので思わずダウンロードしてしまいました。

さて、いよいよ未来のチェリスト・俊くんが登場。
今年は、父子の合奏を聴かせてくれるようです。

DSC01055.JPG

1年間、この日のために練習した曲は、
♪♪ウェルナー 練習曲♪♪

音楽の授業でも習う「野ばら」という歌曲でお馴染みのウェルナーですが、ピアノで言えばバイエルのようなチェロをはじめる人の教則本があるようです。

DSC01057のコピー.JPG

親切なお客様のおかげで、今年は、昨年よりも緊張せずに弾くことができたという俊くん。
来年も楽しみに待っていますよ!


父子共演の次は最もポピュラーなチェロの小品が続きます

♪♪エルガー 愛の挨拶サンサーンス 白鳥♪♪


続いて“藤村さん的発見”があり昨年のリングリンクでも演奏しているマイブーム?という曲を演奏。

♪♪フォーレ 夢のあとに♪♪

ガブリエル・フォーレの歌曲の中で一番有名な作品ですが、“曲調は哀愁に満ちているのに、ポジティブにとれる歌詞という意外性”が興味深い一曲です。

フォーレは、イタリア・トスカーナ地方に古くから伝わるイタリア詩のロマン・ビュシーヌによるフランス語訳に曲をつけていますが、ウエブサイトで見つけた日本語訳を読むと、“幸福な夢の中に出てきた「あなた」の幻影”の解釈が分かれそうに思います。
「あなた」とは、今はもういない恋人?それとも夢の中だけ私の恋人?


コピーDSC01066.JPG

♪♪カサド 親愛なる言葉(愛の言葉)♪♪
チェリストのカサドが「親愛なるカザルス先生へ」捧げた曲の演奏には藤村家のお嬢さんも譜めくりとして登場。

アンコール曲としてリヒャルト・シュトラウスの組曲「町人貴族」からアンダンテが演奏された後は、会場のお客様もご一緒にささやかな打ちあげ会になりました。


昨年の演奏会で、会場でお客様にも紹介した藤村さんのチェロとギターが造り出すデリカシーとパッションの綾織りがアンダルシアの旅へ誘うCDは私のイチオシです。

ラテンとチェロの相性が良いことは、カサドもカザルスもスペイン出身ということでよくわかりますね。


ダンツァ・エスパニョーラ チェロとギターのための作品集2

ダンツァ・エスパニョーラ チェロとギターのための作品集2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マイスター・ミュージック
  • 発売日: 2009/04/24
  • メディア: CD


DSC01090のコピー.JPG
(7:14)

そして、演奏会の翌朝は、この先リアルでは二度と見る機会がないと思われる「金環日食」を晴天に恵まれた八ヶ岳山麓のまるやち湖で観察

刻々と太陽の様子が変わる世紀の天体ショーを自分の身体で体感し、天体望遠鏡を通した貴重な映像を見ることができ大興奮の一日となりました。

DSC01080のコピー.JPG
(6:29)湖面に映り込む太陽も少しずつかけ始めている
DSC01089のコピー.JPG
(7:12)天文マニアも集合しているまるやち湖
コピーDSC01093.JPG
(7:19)穴を開けたボードで太陽の形を確認
コピーDSC01095.JPG
(7:26)自作のボードを用意して埼玉県から駆けつけた方

超高性能のフィルターをつけた天体望遠鏡の映像をモニターでチェックしている方のご厚意で貴重な映像を撮影させていただきました。(岡山から来られたそうです)

コピーミラーDSC01105.JPG
(7:35頃)
コピーミラーDSC01106.JPG
(7:35頃)ベイリー・ビーズ?
DSC01110のコピー.JPG
(7:37)両側がにじんで見える影

DSC01114のコピー.JPG
(7:44)木漏れ日の太陽のイタズラ?
DSC01125のコピー.JPG

金環日食観察の後は、奥様心尽くしのおいしい朝食が待っているというしあわせ


きれいな金環リングが見られるという東京・台場のフジテレビも、雲の切れ間から見えた美しい映像を放送してくれました。

コピーDSC07569.JPG

コピーDSC07571.JPG

nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます